Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Visibleプロパティを持つPowerPointのクラス一覧

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit PowerPoint(バージョン2110 ビルド14527.20234 Microsoft Store)

Visibleプロパティを持つExcelのクラスと、Wordのクラスを一覧にしています。

PowerPointも同様の一覧を作成しておきます。

[スポンサードリンク]

PowerPointの場合もWordと同様に、Visbleプロパティの戻り値は、論理値またはMsoTriState型です。

戻り値が論理値であるVisibleプロパティを持つPowerPointのクラス

戻り値がBoolean・論理値であるVisibleプロパティを持つPowerPointのクラスは、1つだけです。

  • SlideNavigation

戻り値がMsoTriState型であるVisibleプロパティを持つPowerPointのクラス

以下のような8個のクラスに用意されているVisibleプロパティの戻り値は、MsoTriState型です。

  • Application
  • FillFormat
  • HeaderFooter
  • LineFormat
  • ShadowFormat
  • Shape
  • ShapeRange
  • ThreeDFormat

やはりPowerPointはシンプル

Wordの場合、Visibleプロパティが既定メンバーになっているクラスが2つありましたが、PowerPointにはそのようなクラスはありません。

ちなみに既定メンバーという仕組みについて、コレクションから要素を取得するItemのみ残して、他は無いほうがイイと私は考えています。

やはりPowerPointライブラリが一番シンプルです。

最終更新日時:2021-11-09 15:57

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Visibleプロパティを持つPowerPointのクラス一覧

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » Visibleプロパティを持つPowerPointのクラス一覧

「パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.