Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » VBAで表示モードをスライド一覧にする

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

スライド一覧表示モードにするPowerPointマクロ

「パワーポイント vba スライド一覧 表示モード」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

PowerPointの表示モードを[スライド一覧]にする、VBAのコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

スライド一覧モードにするサンプルマクロ

以下のようなマクロで、表示モードをスライド一覧にできます。

Sub スライド一覧表示にする()
 ActiveWindow.ViewType = ppViewSlideSorter
End Sub

ActiveWindowプロパティでDocumentWindowオブジェクトを取得して、

PowerPoint.Global.ActiveWindow

DocumentWindowオブジェクトのViewTypeプロパティに、

PowerPoint.DocumentWindow.ViewType

PpViewType列挙に定義されている定数ppViewSledeSorter(実際の値は7)

PowerPoint.PpViewType.ppViewSledeSorter

を指定することで、スライド一覧表示にできます。

標準表示モードにするサンプルマクロ

逆に、以下のようなマクロで、表示モードを標準にできます。

Sub 標準表示にする()
 ActiveWindow.ViewType = ppViewNormal
End Sub

先の一覧表示にするマクロと構造は同じで、代入文の右辺に定数ppViewNormal(実際の値は9)を

PowerPoint.PpViewType.ppViewNormal

指定しているところが異なります。

最終更新日時:2021-10-15 09:11

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » VBAで表示モードをスライド一覧にする

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » VBAで表示モードをスライド一覧にする

「パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.