Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 戻り値がObjectのApplicationプロパティを持つPowerPointのオブジェクト一覧

戻り値がObjectのApplicationプロパティを持つPowerPointのオブジェクト一覧

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit PowerPoint(バージョン2106 ビルド14131.20278 Microsoft Store)

ほとんどのオブジェクトに用意されているApplicationプロパティの戻り値は、多くの場合Applicationオブジェクトとして定義されています。

しかしPowerPointライブラリのオブジェクトの中には、上図のとおりApplicationプロパティの戻り値が「As Object」となっているものが、いくつかあります。一部のオブジェクトを共通化してOfficeライブラリに移行しようと、Microsoftが模索しつつ結局断念した名残りではないかと、私は妄想しています。

[スポンサードリンク]

どのようなオブジェクトがそうなっているのか気になったので、戻り値がObjectとして定義されているApplicationプロパティを持つ、PowerPointのオブジェクトを一覧にしておきます。

  • Adjustmentsオブジェクト
  • CalloutFormatオブジェクト
  • ColorFormatオブジェクト
  • ConnectorFormatオブジェクト
  • FillFormatオブジェクト
  • FreeformBuilderオブジェクト
  • GroupShapesコレクション
  • LineFormatオブジェクト
  • Model3DFormatオブジェクト
  • PictureFormatオブジェクト
  • ShadowFormatオブジェクト
  • Shapeオブジェクト
  • ShapeNodeオブジェクト
  • ShapeNodesコレクション
  • ShapeRangeコレクション
  • Shapesコレクション
  • TextEffectFormatオブジェクト
  • TextFrameオブジェクト
  • TextFrame2オブジェクト
  • ThreeDFormatオブジェクト

概ね、Shapeに関連するオブジェクトが多いことがわかりますが、TextRangeオブジェクトのApplicationプロパティについては「As Application」と定義されているのを興味深く感じます。

最終更新日時:2021-08-03 16:32

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 戻り値がObjectのApplicationプロパティを持つPowerPointのオブジェクト一覧

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » 戻り値がObjectのApplicationプロパティを持つPowerPointのオブジェクト一覧

「パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.