Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » 5刻み・5単位で切り捨てるには-FLOOR関数

5刻み・5単位で切り捨てるには-FLOOR関数

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2107 ビルド14228.20226 Microsoft Store)

Excelで、5刻み・5単位で切り上げを行うCEILING関数についてご紹介しました。

5刻み・5単位で切り捨てをする関数もあります。

Excel[関数の引数]ダイアログボックス FLOOR関数

FLOOR(フロア)関数です。

ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数でも、5刻み・5単位で切り捨ては可能ですが、(ROUNDDOWN関数をご存知の方には)意味も引数もわかりやすいFLOOR関数を覚えることをおすすめします。

[スポンサードリンク]

FLOOR関数を使って5刻みで切り捨てる

指定する引数はCEILING関数と同じです。第1引数には元の数値を、第2引数にはいくつ刻みで切り捨てるかを指定します。

操作概要:FLOOR関数で数値を5刻みで切り捨てる
※A2セルに入力されている数値を5刻みで切り捨てた結果をB2セルに出力する例
B2セルに
  =FLOOR(A2, 5)
と入力する

FLOOR関数で、簡単に5刻みでの切り捨てができることを確認しておきましょう。

A2セルから下方向に連続する整数を入力しておいてから、B2セルに上記の「=FLOOR(A2, 5)」を入力し下方向にオートフィルしてください。

FLOOR関数の使用例

floorの意味

floorには床・床面の他に「下限」「底値」といった意味もあります。天井・上限等の意味を持つceilingの対語で、覚えやすいと感じられます。

ROUNDDOWN関数を使って5刻みで切り捨てる

元の数値を5で割り算した結果を切り捨てて、5倍することで、ROUNDDOWN関数でも5刻みの切り捨てができます。

操作概要:ROUNDUP関数で数値を5刻みで切り上げる
※A2セルに入力されている数値を5刻みで切り上げた結果をC2セルに出力する例
C2セルに
  =ROUNDDOWN(A2/5, 0) * 5
と入力する

先ほどFLOOR関数を確認したワークシートのC2セルに「=ROUNDDOWN(A2/5, 0) * 5」を入力して、下方向にオートフィルすると下図のとおりROUNDDOWN関数でも5刻みの切り捨てができる様子を確認できます。

ROUNDDOWN関数を使って5刻み・5単位で切り捨てる例

最終更新日時:2021-08-11 15:11

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » 5刻み・5単位で切り捨てるには-FLOOR関数

Home » Excel(エクセル)の関数・数式の使い方 » 数学 » 5刻み・5単位で切り捨てるには-FLOOR関数

「数学」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.