Home » 雑記 » 検索時の表記ゆれについて

検索時の表記ゆれについて

Movable Typeの検索ログを見ていると、検索する語句自体を間違えて覚えてらっしゃる方が少なくないようです。

元来英語であったものを日本語でどう表記するのかという問題、他社製品では使われている言葉も含ありますので、一概に間違いとは言い切れないものもありますが、気になった単語・言葉を正誤表としてまとめていきます。

[スポンサードリンク]

[誤]の方の表記で検索してなかなか情報にたどり着けない方は、[正]の言葉で試してみてください。

PHONETIX PHONETIC
タイプミスには注意しましょう。
改行幅 行間
行送り
間違いというわけではありませんが、Microsoft製品では「改行幅」という言葉は使っていないようですので、このサイトでも「改行幅」という言葉は基本的に使わないようにしています。
グリット線 グリッド線
「d」の音が「ト」と聞こえるか「ド」と聞こえるか難しいところですが、Microsoft製品では「ド」と表記していますので、このサイトでもそれに従っています。
コーテーション クォート・クォーテーション
外来語の表記はほんと悩ましいです。このサイトでは「シングルクォート」「シングルクォーテーション」「ダブルクォート」「ダブルクォーテーション」といった表記にしています。
条件付書式 条件付き書式
コマンド名が「き」と送り仮名をつけてますので、このサイトでもその表記に従っています。
ショーットッカット
ショーットカット
ショートカット
確かに「shortcut」という発音をまじめにカタカナ表記すると「ショーットッカット」「ショーットカット」というのもわからなくもありませんが、一般的には「ショートカット」でしょう。「ショートカット」だけだと大量に検索されてしまうはずですから、「ショートカットメニュー」「ショートカットキー」としたり他の単語を組み合わせていただく方がいいと思います。
タグとリーダー タブとリーダー
「タグ」「タブ」どちらの言葉もあるわけですが、「リーダー」とセットになってるときは「グ」ではなく「ブ」でしょう。
取消線
取消し線
取り消し線
コマンドの表記に従って記述しています。

[スポンサードリンク]

Home » 雑記 » 検索時の表記ゆれについて

TrackBack:1

TrackBack URL
のび太式検索−インストラクターのネタ帳の場合 from インストラクターのネタ帳
先日知った「のび太式検索」という表現、上手いなあと思います。 リチャード・ワーマンが名著『それは「情報」ではない。』の中で、 「検索エンジンの最大の問題は、使う側が検索エンジンと同じ考え方をしなければならないという点にある。」 と述べているように、今のと...

Home » 雑記 » 検索時の表記ゆれについて

「雑記」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.