Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » 書式を解除するショートカットキー−Ctrl+Qキー・Ctrl+スペースキー

書式を解除するショートカットキー−Ctrl+Qキー・Ctrl+スペースキー

対象:Word97, Word2000, Word2002, Word2003

Word初心者の多くが苦労することと言えば、書式が設定されている段落で[Enter]キーを押すと、次の段落にも同じ書式が自動的に設定されるWordの仕様です。

例えば、文書のタイトルを入力して、そのタイトル文字を太字に、フォントサイズを大きく20ptに、中央揃えにする、などということはよく行われます。その書式設定を行ってから[Enter]キーを押せば次の段落も同じように太字・20pt・中央揃えに設定されます。

この解除に苦労する方、面倒に感じる方は、とても多いです。

[スポンサードリンク]
上の例であれば、[書式設定]ツールバーで太字を解除して、フォントサイズを元に戻し、両端揃えにしていただいてもいいのですが、書式の解除を行うショートカットキーも用意されています。
▼操作手順:設定された書式を解除する
[Ctrl]キー+[スペース]キーを押す
 ↓
[Ctrl]キー+[Q]キーを押す

[Ctrl]+[スペース]でフォント書式が解除され、[Ctrl]+[Q]で段落書式が解除されます。

フォント書式だけを解除したいのなら[Ctrl]+[スペース]だけ、段落書式だけを解除するのならば[Ctrl]キー+[Q]だけでOKです。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » 書式を解除するショートカットキー−Ctrl+Qキー・Ctrl+スペースキー

Home » Word(ワード)の使い方 » 段落書式 » 書式を解除するショートカットキー−Ctrl+Qキー・Ctrl+スペースキー

「段落書式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.