Home » Python » xlwingsで新規ブックを作成した場合のシート

xlwingsで新規ブックを作成した場合のシート

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + xlwings 0.15.5 + Excel 1903

OpenPyXLでブックを新規に作成した場合、「Sheet」という名前のワークシートが作成されることを記事にしました。

PythonからExcelを操作する別のライブラリーxlwingsの場合どうなのか気になり、確認してみました(Sheetという名前にならないだろうと思いつつ)。

[スポンサードリンク]

xlwings.Book()でブックを作成した場合

xlwings.Book()でブックを作成する以下のようなコードを実行してみました。


import xlwings
wb = xlwings.Book()
wb.save('C:\\temp\\hoge.xlsx')

Cドライブtempフォルダー下のhoge.xlsxを開くと、シート名は「Sheet1」で、VBEのプロジェクトエクスプローラー・プロパティウィンドウでオブジェクト名を確認しても「Sheet1」です。

xlwingsで新規ブックを作成した場合のシート

OpenPyXLと違ってxlwingsは、Excel自体をPythonから動かすライブラリーのようですから、当然の挙動です。

xlwings.books.add()でブックを作成した場合

よりExcel VBA的なxlwings.books.add()で新規ブックを作成する、以下のようなコードも実行してみました。


import xlwings
wb = xlwings.books.add()
wb.save('C:\\temp\\hoge2.xlsx')

結果は同じです。

新規ブックのシート枚数はExcelの影響を受ける

Excelの設定から影響を受けるのだろうと考え、[Excelのオプション]ダイアログで、[ブックのシート数]を「3」に変更しておいてから、

xlwingsで新規ブックを作成した場合のシート

上述のコードを実行すると、予想通りシートが3枚の新規ブックが作られます。

最終更新日時:2019-04-22 17:31

[スポンサードリンク]

Home » Python » xlwingsで新規ブックを作成した場合のシート

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » xlwingsで新規ブックを作成した場合のシート

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.