Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Rangeプロパティが既定メンバーであるWordのオブジェクト

Rangeプロパティが既定メンバーであるWordのオブジェクト

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2204 ビルド15128.20178 Microsoft Store)

拙著『Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門(1)』の、「3-9. Rangeプロパティを持つオブジェクトがたくさんある」では、Word VBAでRangeオブジェクトが戻り値のRangeプロパティが用意されているオブジェクトが、たくさん存在することをお伝えしています。

実はその一部は、そのRangeプロパティが既定メンバーになっています。

どのようなオブジェクトのRangeプロパティが、そのオブジェクトの既定メンバーなのかをまとめておきます。

  • Section
  • HeaderFooter
  • Paragraph
  • Table
  • Row
  • Cell

Rangeプロパティの用意されているWord VBAのオブジェクトは30個以上存在しますが、その中でRangeプロパティが既定メンバーとなっているのは、上記の6個だけです。

こうしてリストアップしてみるとかなり少ないと感じます。

そもそも私は、Word VBAでもExcel VBAでもコレクションのItem以外の既定メンバーの仕組みは無かったほうが良かったと考えていますが、Microsoftがどういう判断基準で既定メンバーを決めていたのか気になります。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Rangeプロパティが既定メンバーであるWordのオブジェクト

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Rangeプロパティが既定メンバーであるWordのオブジェクト

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.