Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

対象:Word2010, Word2013, Windows版Word2016

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

Excel VBAのRangeにはオブジェクトとプロパティがあることを記事にしました。

Word VBAでも「Range」という語句が登場しますので、確認しておきましょう。

[スポンサードリンク]

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

Excelの場合と同じように、オブジェクトブラウザーで「range」を完全一致検索すると、下図のような状態になります。

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

Word VBAでは、Rangeオブジェクトと、

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

たくさんのRangeプロパティと、

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

4つのRangeメソッドが存在するということがわかります。

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

Word VBAのRangeプロパティ・Rangeメソッドは何を返すのか

複数存在するRangeプロパティとRangeメソッドが何を返すのかも、確認しておきましょう。

たくさん存在するRangeプロパティは、すべて、Rangeオブジェクトを返します。

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

4つ存在するRangeメソッドのうち、Word VBAで文書を操作する際によく使われるDocumentオブジェクトのRangeメソッドは、もちろん、Rangeオブジェクトを返します。

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

残りのCanvasShapes・GroupShapes・ShapesオブジェクトのRangeメソッドは、Excel VBAのShapes・GroupShapesオブジェクトのRangeプロパティと同じく、

Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

ShapeRangeオブジェクトを返します。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Word VBAのRangeはオブジェクトとプロパティとメソッド

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.