Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » Word VBAのFirstLineIndentとは

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2203 ビルド15028.20204 Microsoft Store)

「.FirstLineIndent VBA」
といった検索キーワードで時折アクセスがあります。

ここでは、Word VBAのParagraphオブジェクト等に用意されているFirstLineIndentプロパティについて解説します。

FirstLineIndentプロパティとは

FirstLineIndentプロパティは、名前のとおり、段落の最初の行をどれくらいインデントするか取得/設定するためのプロパティです。

Wordでは[段落]ダイアログ-[インデントと行間隔]タブ等で、最初の行を、どのようにどれくらいインデントするかを取得/設定できます。

この操作をVBAから行う際に使えるのが、FirstLineIndentプロパティです。

FirstLineIndentプロパティを設定するサンプル

何らかの文章の入力されているWord文書がアクティブな状態で、以下のWordマクロを実行してください。

Sub FirstLineIndentプロパティを設定する()
 ActiveDocument.Paragraphs(1).FirstLineIndent = MillimetersToPoints(10)
End Sub

「.Paragraphs(1)」で取得できる、1つ目の段落に10mmの字下げインデントが設定されます。

FirstLineIndentプロパティはポイント単位で指定する必要があり、上記のサンプルではわかりやすいようにMillimetersToPointsメソッドを使って

10mmを指定しています。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » Word VBAのFirstLineIndentとは

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 段落・パラグラフ » Word VBAのFirstLineIndentとは

「段落・パラグラフ」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.