Home » いちばんやさしいExcel VBAの教本 » 重版決定

重版決定

発売開始から2週間で、拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』の重版(増刷)が決定しました。

ありがとうございます!

日本で出版される書籍の中で、重版されるのは30%とか20%とか諸説あるようですが一部の書籍に過ぎない現状、とても嬉しく感じています。

重版はあっても数か月後と予想していました

執筆中は、今後5年くらいは毎年増刷していただける本にすることを目指してきましたが、このスピードで決まるとは、まったく予想していませんでした。

そもそも重版されるかどうか自体、著者の力だけではどうにもならないわけで。

Excel VBA経験者向け書籍である「ExcelVBAを実務で使い倒す技術」の増刷決定まで、1か月かかったとのことでしたから、体裁的には入門書である拙著の場合、運よく重版されるとしても数か月後だろうなぁと思っていたのです。

ちなみに版元インプレスの担当編集さんからも
「ビジネス書ならともかく、実用書でのこのタイミングでの重版はちょっとビックリしました。」
とコメントをいただきました。

多くの方のお世話に

公式の発売日は1月17日でしたが、一部の書店さんではその前から並べていただいていたようで、私は16日から数日間、都内の書店を随分と見させていただきました。

ここ数年、どこかのリアル書店に最低でも週2-3回行くようにしてきている私ですが、自分の書いた本の並ぶ棚を見る目は、それ以前とは異なっていて驚かされます。

自分事化したことによって、今まで見ていた棚を違う目で見るようになり、各書店の担当さんの意図や、版元インプレスの営業さんの力が、感じられるのです。

この地域はビジネスパーソンが多いからこの棚にはこのExcel本が並んでいるのだろうとか、住宅地に近いから入門・基本という括りでExcel入門書と並んでいるのかもしれないとか、バンバン売れるような本ではないかもしれないけれど確実にニーズのある分厚い本と拙著が面陳列されているということはインプレスの営業さんの力だろう、といったことが伝わってきます。

拙著の「はじめに」で書かせていただいたように、原稿を書き終えるまでたくさんの方のお世話になったのと同じく、発売されてからも、多くの方のお世話になるのだということを、改めて認識しています。

何より、実際に買ってくださるみなさんの存在がなければ、どんなにイイ本であっても重版にはならないわけです。

本当にありがとうございます!!

もちろん内容的には自信を持って書いた本ですから、著者である私も地道に仕掛けていこうと考えております。

[スポンサードリンク]

Home » いちばんやさしいExcel VBAの教本 » 重版決定

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » いちばんやさしいExcel VBAの教本 » 重版決定

「いちばんやさしいExcel VBAの教本」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.