Home » Python » Pythonで特定の文字数をカウントする

Pythonで特定の文字数をカウントする

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3

「python 特定の文字数」
「python 特定の文字の数を検索」
といった検索キーワードでのアクセスに気が付きました。

Pythonで何らかの文字列から、特定の文字がいくつあるのかカウントするには、どのようなコードを書けばいいのかを探していた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

str.count()メソッドで特定文字数をカウント

str.countメソッドで、特定の文字数をカウントできます。

IDLEのShellウィンドウで以下のコードを実行してみます。
txt = 'hello world'
txt.count('o')

上図のとおり、変数txtに代入された元の文字列「hello world」から、str.countメソッドの引数に指定された文字「o」をカウントした「2」を取得できます。

もちろん
txt = 'hello world'
txt.count('l')

を実行すれば「l」の個数「3」を取得できます。

大文字と小文字は区別されるので
txt = 'hello world'
txt.count('H')

の場合は「0」が返されます。

str.countメソッドには開始位置・終了位置を指定できる

str.countメソッドには、第2引数に開始位置、第3引数に終了位置も引数で指定できるので、
txt = 'hello world'
txt.count('e', 1)
は、「1」ですけれど、
txt = 'hello world'
txt.count('e', 2)

ならば「0」です。

str.countメソッドの開始位置・終了位置にはマイナスの値もできる

開始位置・終了位置を指定する引数には、マイナスの値も指定できます。
txt = 'hello world'
txt.count('l', -5)

ならば、後ろから5文字目以降で「l」を探すので「1」を取得できます。

文字数を取得するならlen関数

特定の文字がいくつあるのかカウントするのではなく、
「python 文字数カウント」
という検索キーワードでのアクセスもあります。

単に文字数をカウントするならlen関数です。
txt = 'hello world'
len(txt)

上記のコードを実行すると、「hello world」の途中に存在する半角スペースも含んだ文字数「11」を取得できます。

最終更新日時:2020-08-04 04:48

[スポンサードリンク]

Home » Python » Pythonで特定の文字数をカウントする

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » Pythonで特定の文字数をカウントする

「Python」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.