Home » Python » Pythonで奇数・偶数を判定する

Pythonで奇数・偶数を判定する

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3

「ipython 数学関数 奇数判別」
という検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

Pythonで奇数判定を行う方法を探していた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

if文で奇数・偶数を判定する

奇数・偶数は、2で割った余りで判定するのが、Pythonに限らずプログラミングの基本です。

num = int(input('整数を入力してね>'))
if num % 2 == 0:
     print('偶数')
else:
     print('奇数')

上記のコードをインタラクティブシェルで実行すると
  整数を入力してね>
と表示されるので、整数を入力すると、判定結果が「奇数」「偶数」と表示されます。

Pythonの組み込み関数inputの戻り値は文字列なので、int関数int型に型変換してから、
  num = int(input('整数を入力してね>'))

%演算子を使って取得した2で割った余りが0だったときに偶数と判定しています。
  if num % 2 == 0:

三項演算子で奇数・偶数を判定する

三項演算子を使って以下のように書くこともできます。

num = int(input('整数を入力してね>'))
print('偶数' if num % 2 == 0 else '奇数')

最終更新日時:2020-06-09 10:29

[スポンサードリンク]

Home » Python » Pythonで奇数・偶数を判定する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » Pythonで奇数・偶数を判定する

「Python」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.