Home » Python » Pythonで奇数・偶数を判定する

Pythonで奇数・偶数を判定する

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3

「ipython 数学関数 奇数判別」
という検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

Pythonで奇数判定を行う方法を探していた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

if文で奇数・偶数を判定する

奇数・偶数は、2で割った余りで判定するのが、Pythonに限らずプログラミングの基本です。


num = int(input('整数を入力してね>'))
if num % 2 == 1:
     print('奇数')
else:
     print('偶数')

上記のコードをインタラクティブシェルで実行すると
  整数を入力してね>
と表示されるので、整数を入力すると、判定結果が「奇数」「偶数」と表示されます。

input()関数の戻り値は文字列なので、int()関数で整数にしてから、
  num = int(input('整数を入力してね>'))

%演算子を使って2で割った余りを取得して1だったときに奇数と判定しています。
  if num % 2 == 1:

三項演算子で奇数・偶数を判定する

三項演算子を使って以下のように書くこともできます。


num = int(input('整数を入力してね>'))
print('奇数' if num % 2 ==1 else '偶数')

奇数判定を行う関数にする場合

引数に指定された数値が奇数かどうかを判定して論理値を返す関数を作るなら、以下のようなコードです。


def is_even(num):
    return(num % 2 == 1)

[スポンサードリンク]

Home » Python » Pythonで奇数・偶数を判定する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » Pythonで奇数・偶数を判定する

「Python」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.