Home » Python » OpenPyXL » OpenPyXLでブックの最後にシートを追加する

OpenPyXLでブックの最後にシートを追加する

動作検証バージョン:Windows 10 + Python 3.7.3 + OpenPyXL 2.6.2

「python openpyxl シート 最後 追加」
という検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

[スポンサードリンク]

ブックの最後にシートを追加するサンプル

以下のようなスクリプトで、Cドライブtempフォルダーのfoo.xlsxの最後・末尾・右端に新しいワークシート「NewSheet」が追加され、foo2.xlsxとして保存されます。


import openpyxl

wb = openpyxl.load_workbook(r'C:\temp\foo.xlsx')
wb.create_sheet(title='NewSheet', index=len(wb.sheetnames))
wb.save(r'C:\temp\foo2.xlsx')

ブックの最後にシートを追加するサンプルで行っている処理

Workbook.create_sheet()メソッドの、引数indexがポイントです。

Workbook.sheetnames属性を使うと、ブックに含まれる全シート名のリストを取得できます。

取得したシート名のリストの要素数をlen()関数で取得して、Workbook.create_sheet()メソッドの、引数indexに指定しています。

ブック内にグラフシートが存在せずワークシートだけならば、「wb.sheetnames」の部分を「wb.worksheets」のように、Workbook.worksheets属性を使ったコードにしても同じ結果になります。

最終更新日時:2019-10-10 08:33

[スポンサードリンク]

Home » Python » OpenPyXL » OpenPyXLでブックの最後にシートを追加する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » OpenPyXL » OpenPyXLでブックの最後にシートを追加する

「OpenPyXL」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.