Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapeオブジェクト » Excel.ShapesのAddPictureでは全引数が必須

Excel.ShapesのAddPictureでは全引数が必須

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1908 ビルド11929.20300)

最背面に画像を挿入するPowerPoint VBAのコードをご紹介しています。

このコードで利用しているShapes.AddPictureメソッドは、Excel VBAとPowerPoint VBAで微妙に異なります。

[スポンサードリンク]

Shapes.AddPictureメソッドの引数の違い

PowerPoint VBAのShapes.AddPictureメソッドの引数は以下のように定義されています。


FileName As String, LinkToFile As MsoTriState, SaveWithDocument As MsoTriState, Left As Single, Top As Single, [Width As Single = -1], [Height As Single = -1

一方、Excel VBAのShapes.AddPictureメソッドの引数は以下のように定義されています。


Filename As String, LinkToFile As MsoTriState, SaveWithDocument As MsoTriState, Left As Single, Top As Single, Width As Single, Height As Single

よく似ているのですが、違います。

最後の2つWidthとHeightが、PowerPoint VBAでは任意(オプション)であるのに対し、Excel VBAの場合は必須です。

Shapesコレクション・Shapeオブジェクトのプロパティ・メソッドは、ExcelとPowerPointで割と似ているのですが、こういう微妙なところが違っていて、興味深く感じます。

最終更新日時:2019-10-01 11:36

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapeオブジェクト » Excel.ShapesのAddPictureでは全引数が必須

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapeオブジェクト » Excel.ShapesのAddPictureでは全引数が必須

「Shapeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.