Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapesコレクション・Shapeオブジェクト » 塗りつぶしなしにするFillFormat.Visibleのサンプル

塗りつぶしなしにするFillFormat.Visibleのサンプル

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1901 ビルド11231.20174)

[図形の塗りつぶし]ボタン-[塗りつぶしなし]

「FillFormat サンプルコード Visible」
という検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがあることに気が付きました。

どのアプリケーションの件か、まったくわかりませんが、ここではExcelのFillFormatオブジェクトのVisibleプロパティの挙動を、確認するサンプルマクロをご紹介しておきます。

図形を塗りつぶしなしにするサンプルマクロ

アクティブなワークシートに、塗りつぶし色の設定された図形を挿入しておいて、以下のSubプロシージャを実行してください。

Sub FillFormatオブジェクトのVisibleプロパティを確認する()
 Dim shp As Shape
 Set shp = ActiveSheet.Shapes(1)
 shp.Fill.Visible = msoFalse
End Sub

アクティブシートの、1つ目の図形が塗りつぶしなしの状態になります。

ShapeオブジェクトのFillプロパティはFillFormatオブジェクトを返す

「FillFormat サンプルコード Visible」
と検索なさった方は、コードにオブジェクト名が直接書かれると誤解してらっしゃる可能性を否定できないと私は感じます。

上記のSubプロシージャに「FillFormat」というオブジェクトそのものの名前は登場しません。FillFormatオブジェクトを取得しているのは、ShapeオブジェクトのFillプロパティです。

shp.Fill.Visible = msoFalse

Shapeオブジェクトに用意されているFillプロパティはコードが実行されると、FillFormatオブジェクトを返します。

拙著『いちばんやさしいExcel VBAの教本』のp.189で、「コードの中にオブジェクト名はめったに書かれない」というコラムを書きました。

コードの中にオブジェクト名はめったに書かれない

この記事でご紹介しているShapeオブジェクトのFillプロパティとFillFormatオブジェクトは、コードの中にオブジェクトの名前が直接書かれていると誤解していると、読解できない具体例の一つです。

最終更新日時:2021-11-18 15:23

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapesコレクション・Shapeオブジェクト » 塗りつぶしなしにするFillFormat.Visibleのサンプル

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapesコレクション・Shapeオブジェクト » 塗りつぶしなしにするFillFormat.Visibleのサンプル

「Shapesコレクション・Shapeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.