Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 条件付き書式のショートカットキーは?−Alt→O→D

条件付き書式のショートカットキーは?−Alt→O→D

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007, Excel2010

「エクセル 条件付き書式 ショートカットキー」
といった検索を見かけることがよくあります。

条件に応じて書式が自動的に変更されるように設定する、条件付き書式は、Excelの便利で人気のある機能の一つです。

その、条件付き書式を設定するためのショートカットキーを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

標準で条件付き書式設定のショートカットキーは用意されていないようですが、アクセスキーでも簡単に、条件付き書式のダイアログを表示できます。


▼操作手順:条件付き書式設定ダイアログを表示する
[Alt]キーを押す
 ↓
[O]キーを押す
 ↓
[D]キーを押す

上記の操作で2003までのExcelなら[条件付き書式の設定]ダイアログ、Excel 2007・2010なら[条件付き書式ルールの管理]ダイアログが表示されます。

Excel 2007・2010で条件付き書式を新たに設定するのなら、[条件付き書式ルールの管理]ダイアログが表示されたあとに[Alt]+[N]キーを押していただくと、条件付き書式を新たに設定するための[新しい書式ルール]ダイアログが表示されます。

2007以降のOfficeでも2003までのOfficeのアクセスキーは有効ですから、入力するキーの数も少なくて覚えやすく、まだまだ2003までのExcelを使っている方も少なくない現状、2003までのアクセスキーのほうがおすすめです。

2003までのExcelをお使いの方なら、メニュー[書式]をクリックしてドロップダウンメニューを表示していただければ、[条件付き書式]コマンドのアクセスキーが[D]であることをすぐご確認いただけるでしょう。

ちなみに、Excel 2007・2010本来の[条件付き書式ルールの管理]ダイアログを表示するアクセスキーは、
[Alt]→[H]→[L]→[R]キー
条件付き書式を新たに設定するための[新しい書式ルール]ダイアログを表示するアクセスキーは
[Alt]→[H]→[L]→[N]キー
です。

関連語句
アクセラレーションキー,アクセラレーターキー, キーボードショートカット, 短縮キー, Keyboard shortcuts

[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 条件付き書式のショートカットキーは?−Alt→O→D

TrackBack:1

TrackBack URL
明日の日付を目立たせる条件付き書式設定 from インストラクターのネタ帳
Excel(エクセル)で、明日の日付が入力セルを目立たせる、条件付き書式の設定方法をご紹介しています。
[スポンサードリンク]

Home » Excel(エクセル)の使い方 » キーボード操作 » 条件付き書式のショートカットキーは?−Alt→O→D

「キーボード操作」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.