Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » グラフ・Chart » _Defaultを持つPowerPointやWordのクラス一覧

_Defaultを持つPowerPointやWordのクラス一覧

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word & PowerPoint(バージョン2108 ビルド14326.20238 Microsoft Store)

Excel VBAはExcel 5.0で初めて登場したものの、Excel 97で大きく仕様変更が行われたことによって、初学者には理解し辛い部分を抱えたまま、現在も使われています。

それに対してPowerPoint VBAは、オブジェクトの階層が深いという課題はあるものの、Excel VBAも本来はこうしたかったのだろうという形になっています。これが『オブジェクトブラウザーの教本』の素材として、PowerPoint VBAを私が選んだ理由です。

PowerPoint:_Defaultの検索結果

Excel VBAよりもキレイなPowerPoint VBAですけれど、(Microsftが規定したガイドラインに準拠すれば本来は不要なはずの)_Defaultプロパティ・_Defaultメソッドを持つクラスが、上図のとおりいくつか存在しています。

[スポンサードリンク]

どのようなクラスが、_Defaultを持つのか眺めたかったので一覧を作成しておきます。

_Defaultを持つPowerPointのクラス一覧

以下のようなクラスに、Itemプロパティ・Itemメソッドと同じ形で定義された_Defaultプロパティ・_Defaultメソッドが存在します。

  • ChartColorFormat
  • Axes
  • CategoryCollection
  • DataLabels
  • FullSeriesCollection
  • LegendEntries
  • Points
  • SeriesCollection
  • Trendlines
  • ChartColorFormatだけがプロパティで、その他はいずれもメソッドです。

    WordでもPowerPointと同じクラスが_Defaultを持つ

    Word VBAでも一部のクラスに_Defaultプロパティ・_Defaultメソッドが用意されており、それは上記のPowerPoint VBAのクラスと同じです。

    Word:_Defaultの検索結果

    これらはいずれもグラフに関連するクラスで、Excelのグラフに関わるソースコードを、そのままPowerPointやWordに移植したのだろうと、私は想像しています。

    最終更新日時:2022-05-04 07:17

    [スポンサードリンク]

    Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » グラフ・Chart » _Defaultを持つPowerPointやWordのクラス一覧

    Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » グラフ・Chart » _Defaultを持つPowerPointやWordのクラス一覧

    「グラフ・Chart」の記事一覧

    検索


    Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

    .