Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » グラフ・Chart » VBAでレイアウトをグラフに

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013, Windows版PowerPoint2016

レイアウトをグラフにするPowerPointマクロ

「powerpoint グラフレイアウト 指定 vba」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

PowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のスライドのレイアウトをグラフにするには、どのようなコードを書けばいいのかを探している方による検索です。

参考になりそうな簡単なマクロを3つご紹介しておきます。

既に存在しているスライドのレイアウトをグラフにするマクロが2つと、グラフライアウトのスライドを新たに追加・挿入するマクロです。

[スポンサードリンク]

先頭スライドのレイアウトをグラフにするサンプルマクロ

以下のマクロを実行すると、1枚目のスライドのレイアウトがグラフになります。

Sub 先頭スライドのレイアウトをグラフに()
 ActivePresentation.Slides(1).Layout = ppLayoutChart
End Sub

SlideオブジェクトのLayoutプロパティに、PpSlideLayout列挙に定義されている定数・ppLayoutChartを指定すれば、グラフレイアウトになります。

アクティブスライドのレイアウトをグラフにするサンプルマクロ

以下のマクロを実行すると、アクティブなスライドのレイアウトがグラフになります。

Sub アクティブスライドのレイアウトをグラフに()
 ActiveWindow.Selection.SlideRange.Layout = ppLayoutChart
End Sub

SlideRangeオブジェクトのLayoutプロパティを使っても、既存スライドのレイアウトをグラフにできます。

グラフレイアウトのスライドを追加・挿入する

以下のようなマクロで、グラフレイアウトのスライドを追加・挿入することができます。

Sub グラフレイアウトのスライドを先頭に追加する()
 ActivePresentation.Slides.Add _
   Index:=1, _
   Layout:=ppLayoutChart
End Sub

2007以降のPowerPointでは非表示になっているSlieds.Addメソッドを使うほうが、レイアウト指定がしやすいと感じます。

SlidesコレクションオブジェクトのAddメソッドの引数・Layoutに定数・ppLayoutCahrtを指定すれば、グラフレイアウトのスライドを追加・挿入できます。

最終更新日時:2021-06-08 14:42

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » グラフ・Chart » VBAでレイアウトをグラフに

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » グラフ・Chart » VBAでレイアウトをグラフに

「グラフ・Chart」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.