Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » グラフ・Chart » グラフの種類をPowerPoint VBAで変更する

グラフの種類をPowerPoint VBAで変更する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit PowerPoint(バージョン2201 ビルド14827.20198 Microsoft Store)

「powerpoint VBA グラフ 変更」
という検索キーワードで、アクセスがありました。

[スポンサードリンク]

グラフの種類を変更するサンプルマクロ

1枚目のスライドの2つ目のShapeに、集合縦棒グラフが存在するプレゼンテーションファイルがアクティブな状態で、以下のPowerPointマクロを実行してください。

Sub グラフの種類を変更する()
 ActivePresentation.Slides(1).Shapes(2).Chart.ChartType = xlLineMarkers
End Sub

その集合縦棒グラフが、マーカー付き折れ線グラフに変更されます。

サンプルマクロで使用しているオブジェクトモデル

代入文の左辺「ActivePresentation.Slides(1).Shapes(2)」までは、

ActivePresentation.Slides(1).Shapes(2).Chart.ChartType = …

拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』でも解説している、PowerPoint VBAのもっとも基本的なオブジェクトモデルです。

つづく「.Chart.ChartType」は、

ActivePresentation.Slides(1).Shapes(2).Chart.ChartType = …

以下のとおりです。

Shapeオブジェクトに用意されているChartプロパティを使ってChartオブジェクトを取得し、

PowerPoint.Shape.Chart

取得したChartオブジェクトに用意されているChartTypeプロパティを使って、設定を行っているコードです。

PowerPoint.Chart.ChartType

Chart.ChartTypeプロパティに、Office.XlChartType列挙型に定義されている定数を設定すれば、

Office.XlChartType

グラフの種類を変更できます。

最終更新日時:2022-03-26 06:42

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » グラフ・Chart » グラフの種類をPowerPoint VBAで変更する

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » グラフ・Chart » グラフの種類をPowerPoint VBAで変更する

「グラフ・Chart」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.