Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » VBAでブックを保存しないで閉じる

VBAでブックを保存しないで閉じる

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1810 ビルド11001.20074)

「保存しないで閉じる excel マクロ」
「エクセル マクロ 保存せずに閉じる」
という検索キーワードでのアクセスに気が付きました。

Excel VBAでブックを保存しないで閉じるには、どのようなコードを書けばいいのかを探していらした方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

ブックを保存しないで閉じるサンプル

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブなブックを保存せずに閉じることができます。

Sub ブックを保存しないで閉じる()
 ActiveWorkbook.Close SaveChanges:=False
End Sub

WorkbookオブジェクトのCloseメソッドでは、SaveChangesという引数を指定でき、

上記のようにFalseを指定すれば、保存しないでブックを閉じられます。

Application.DisplayAlertsやWorkbook.Savedよりも

Excel VBAでブックを保存しないで閉じる方法を解説しているページには、ApplicationオブジェクトのDisplayAlertsプロパティにFalseを設定する方法や、

WorkbookオブジェクトのSavedプロパティにTrueを設定する方法が、

紹介されていることもあります。

これらは、ブックを閉じる時の確認メッセージを表示しないようにする方法です。

保存せずに閉じるだけならば、上述のとおりWorkbook.Closeメソッドの引数SaveChangesにFalseを指定するほうが、何をしているのかわかりやすいのでおすすめです。

最終更新日時:2020-09-12 12:36

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » VBAでブックを保存しないで閉じる

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Workbookオブジェクト » VBAでブックを保存しないで閉じる

「Workbookオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.