Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » 改ページプレビューかを判定する-Window.View = xlPageBreakPreview

改ページプレビューかを判定する-Window.View = xlPageBreakPreview

動作検証バージョン:Windows版Excel(バージョン1905 ビルド11629.20214)

「改ページプレビュー 判定 vba」
という検索キーワードでアクセスがありました。

[スポンサードリンク]

改ページプレビューかを判定するサンプルマクロ

以下のようなコードで、改ページプレビューかを判定できます。


Sub 改ページプレビューか判定する()
 If ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview Then
  MsgBox "改ページプレビューです!"
 Else
  MsgBox "改ページプレビューではありません。"
 End If
End Sub

WindowオブジェクトのViewプロパティで改ページプレビューかを判定

既にご紹介しているとおり、改ページプレビューに変更するには、Windowオブジェクトが持つViewプロパティを利用します。

改ページプレビューになっているのかを判定するのも、上記のSubプロシージャどおりWindowオブジェクトのViewプロパティで、定数xlPageBreakPreview(実際の値は2)であれば、

改ページプレビューと判定できます。

Viewプロパティを持つのはWindowオブジェクト

「改ページプレビュー 判定 vba」
と検索なさった方は、Worksheetオブジェクトが、改ページプレビューかを判定するプロパティを持っていると考えていた可能性もあると考えています。

気持ちはわかりますけれど、Viewプロパティが用意されているのは、WorksheetオブジェクトではなくWindowオブジェクトです。

最終更新日時:2019-06-16 09:05

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » 改ページプレビューかを判定する-Window.View = xlPageBreakPreview

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » 改ページプレビューかを判定する-Window.View = xlPageBreakPreview

「Windowオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.