Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » VBAでアクティブウィンドウ名を取得するには?

VBAでアクティブウィンドウ名を取得するには?

対象:Excel 2010, Excel 2013, Windows版Excel 2016

「vba 変数にアクティブウィンドウ名を」
という検索キーワードでのアクセスに気づきました。

詳細はわかりませんが、アクティブウィンドウ名を取得する方法を調べていらしたのでしょう。

「アクティブウィンドウ名」と表現されているものが何なのか、そもそも、どのアプリケーションなのかもわかりませんけれど、参考になるかもしれない、タイトルバーに表示されている文字列を取得する、

VBAでアクティブウィンドウ名を取得するには?

Excel VBAのコードをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

アクティブウィンドウのタイトルバー文字列を取得するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブなウィンドウのタイトルバー文字列がメッセージボックスに表示されます。


Sub アクティブウィンドウのタイトルバー文字列を取得する()
 MsgBox ActiveWindow.Caption
End Sub

サンプルマクロの解説

上位のオブジェクト式を省略して記述できるグローバルメンバーに、ActiveWindowプロパティがあります。

VBAでアクティブウィンドウ名を取得するには?

ActiveWindowプロパティを使えば、アクティブウィンドウを表すWindowオブジェクトを取得できます。

「vba 変数にアクティブウィンドウ名を」
とのことでしたが、残念ながらExcel VBAのWindowオブジェクトにNameプロパティは存在しません。

VBAでアクティブウィンドウ名を取得するには?

もしもWindowオブジェクトにNameプロパティが存在しているのなら、オブジェクトブラウザーでLeftの下にNameが表示されているはずです。

その代わりといっては何ですが、タイトルバー文字列を取得・設定できるCaptionプロパティが存在します。

VBAでアクティブウィンドウ名を取得するには?

オブジェクト式ActiveWindow.Captionを、MsgBox関数の引数に指定したのが、上記のSubプロシージャです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » VBAでアクティブウィンドウ名を取得するには?

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » VBAでアクティブウィンドウ名を取得するには?

「Windowオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.