Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » ActiveWindow.SmallScrollとは

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2107 ビルド14228.20250 Microsoft Store)

Excel.Window.SmallScroll

「マクロでActiveWindou.SmallScrollとは」
「ActiveWindow.SmallScroll Down: 意味」
といった検索キーワードで、時折アクセスがあります。

[スポンサードリンク]

ActiveWindow.SmallScrollでワークシートをスクロールできる

「ActiveWindow.SmallScroll」とは、アクティブなワークシートをスクロールするためのコードです。

解説を読むより、コードを実行してみましょう。アクティブなワークシートで何行目から表示されているかに注目して、以下のSubプロシージャを実行してください。

Sub SmallScrollメソッドを確認する()
 ActiveWindow.SmallScroll Down:=5
End Sub

「ActiveWindow.SmallScroll Down:=5」を実行すると、下方向に5行スクロールします。

ただし、アクティブセルは変化しません。
ただ、ワークシートがスクロールするだけです。

引数名を変更して実行してみよう

Window.SmallScrollメソッドの引数は、Down・Up・ToRight・ToLeftの4つが指定できます。

Excel.Window.SmallScrollの引数

引数名を「Up」に変更して
  ActiveWindow.SmallScroll Up:=5
とすれば上方向に5行スクロールします。

引数名を「ToRight」に変更して
  ActiveWindow.SmallScroll ToRight:=5
とすれば右方向に5列スクロールします。

引数名を「ToLeft」に変更して
  ActiveWindow.SmallScroll ToLeft:=5
とすれば左方向に5列スクロールします。

引数を以下のように複数指定すれば、
 ActiveWindow.SmallScroll Down:=5, ToRight:=5
下方向に5行、右方向に5列スクロールします。

ActiveWindowでアクティブなExcelのWindowを取得

コード「ActiveWindow.SmallScroll」の「ActiveWindow」は、アクティブなExcelのウィンドウを表すWindowオブジェクトを取得するためのプロパティです。

ActiveWindowプロパティについては、記事「WindowオブジェクトとActiveWindowプロパティはもっと知られて欲しい」に書いていますので、お読みください。

最終更新日時:2021-08-25 16:45

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » ActiveWindow.SmallScrollとは

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Windowオブジェクト » ActiveWindow.SmallScrollとは

「Windowオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.