Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel 2010でユーザー設定リストを登録する方法

Excel 2010でユーザー設定リストを登録する方法

対象:Excel2010

Excelで効率的なデータ入力を行うためや、特殊なデータの並べ替えを行うために、ユーザー設定リストを登録しておくことは必須です。

ユーザーインターフェースの変更に伴い、Excel 2007では2003までのExcelとは異なっています。

どういうわけかExcel 2010では、Excel 2007とも異なっています。

[スポンサードリンク]
ユーザー設定リストをよく利用する方にとっては残念なことですが、Excel 2010では2007よりも[ユーザー設定リスト]ダイアログを表示する方法が、ちょっと面倒になっています。
▼操作手順:ユーザー設定リストダイアログを表示する
[ファイル]タブ−[オプション]をクリック
 ↓
[Excelのオプション]ダイアログ−[詳細設定]をクリック
 ↓
[全般]欄
 −[並べ替え順や連続データ入力設定で使用するリストを作成します]
  −[ユーザー設定リストの編集]ボタンをクリック

Excel 2007では[Excelのオプション]ダイアログを表示したときに、[ユーザー設定リストの編集]ボタンはすぐにみつかりましたが、Excel 2010ではちょっと面倒です。

[詳細設定]を選択して、一番下までスクロールすると、下図のように[ユーザー設定リストの編集]ボタンが見えてきます。

[並べ替え順や連続データ入力設定で使用するリストを作成します]−[ユーザー設定リストの編集]ボタン

[ユーザー設定リスト]ダイアログが表示されたあとの、リスト項目の登録操作は、2003までのExcelと同じです。

Excel 2010をお使いの方は、ご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel 2010でユーザー設定リストを登録する方法

Home » Office 2010(オフィス2010)の使い方 » Excel 2010でユーザー設定リストを登録する方法

「Office 2010(オフィス2010)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.