Home » Office(オフィス)の使い方 » 描画オブジェクト » フローチャートを描きたい

対象:Word 2002,2003

Excel 97,2000,2002,2003

PowerPoint 97,2000,2002,2003

Visioなどの専用ソフトを使わずに、フローチャートを書きたい、フローチャートを描く方法を知りたい、という要望はよくいただきます。

オートシェイプの四角形や直線を組み合わせて、とりあえずフローチャートっぽいものを描くことはできますが、この方法で描いた場合、一部の四角形の配置を修正しようとするととても大変な作業になってしまいます。

[スポンサードリンク]
オートシェイプに、コネクタというタイプの線がありますから、これを使ってフローチャートを描くと、図形を移動したときに図形同士を接続している線(コネクタ)もくっついて移動してくれますから、直線などを使って描いたときのような大変な思いはしなくて済みます。
▼操作手順:フローチャートを描く
[図形描画]ツールバー−[オートシェイプ]−[フローチャート]内などの図形を使って、複数の図形を描く
 ↓
[図形描画]ツールバー−[オートシェイプ]−[コネクタ]から、適切な形状のコネクタをクリック
 ↓
接続したい一方の図形上にマウスポインタを移動
 ↓
図形の、四辺の中央あたりに小さな■マーク(接続ポイント)が表示されることを確認
 ↓
接続ポイント上にマウスポインタを移動し、接続したいもう一方の図形に向かってドラッグを開始
 ↓
もう一方の図形上にマウスポインタが移動すると、接続ポイントが表示されたことを確認
 ↓
接続させたい接続ポイント上でマウスボタンから手を離し、ドラッグを終了

正しく接続されるとコネクタを選択したときに、接続ポイントは赤い表示になり、図形を動かしたときにコネクタは接続された状態で移動することができます。

また、フローチャートを描くときは必要なパレットを切り離しておく方が、無駄なクリックが減って操作が楽になるはずです。ツールバーからパレットを切り離す方法についても既にご紹介していますのでご参照ください。

ところで、Excel・PowerPointはバージョン97でもコネクタはありますが、Wordでコネクタがあるのは2002以降です。

以前「オートシェイプに文字を入力する方法」というネタの中で、WordとExcel&PowerPointの仕様の違いについて記述しましたが、Wordだけ最近のバージョンまでコネクタがないというのも、同じような機能でも製品ごとに仕様が違うことの現れです。

[スポンサードリンク]

Home » Office(オフィス)の使い方 » 描画オブジェクト » フローチャートを描きたい

Home » Office(オフィス)の使い方 » 描画オブジェクト » フローチャートを描きたい

「描画オブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.