Home » 電子書籍 » Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門 » Word.RangeとはPowerPoint.TextRangeの機能拡張版

拙著『Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門』は、Excel VBAと比較しながらWord VBAの基礎を学習する、Word VBAの入門書です。

Word VBAとPowerPoint VBAには似た部分がある

Word VBAには、Excel VBAだけでなくPowerPoint VBAと似た部分もあります。

もちろん、実際にはまったく別のオブジェクトですが、Word VBAの最重要なオブジェクトRangeは、

PowerPoint VBAで文字列範囲を表すTextRangeオブジェクトの、

機能拡張版と見なすこともできます。

PowerPoint.TextRangeもText・Font・ParagraphFormatプロパティを持つ

拙著の「3-4. Rangeの特徴的なプロパティ」では、Word VBAのRangeオブジェクトを理解するために、特徴的な3つのプロパティをご紹介しています。

Text・Font・ParagraphFormatプロパティです。
Range.Textプロパティは文字列を返し、Range.Fontプロパティ・Range.ParagraphFormatプロパティは、同じ名前のFontオブジェクト・ParagraphFormatオブジェクトを返します。

これらのプロパティは、PowerPointのTextRangeオブジェクトにも用意されています。Text・Font・ParagraphFormatプロパティは用意されており、いずれも戻り値は、Wordの場合と同じように定義されています。

Textプロパティが既定メンバーである点も同じです。

WordのRangeのほうが、PowerPointのTextRangeよりも高機能で、より多くのプロパティ・メソッドが用意されていますが、PowerPointのTextRangeをご存知なら、その高機能版がWordのRangeであるという考え方は、おそらくWord.Rangeの理解を早めてくれるはずです。

最終更新日時:2021-03-05 20:50

[スポンサードリンク]

Home » 電子書籍 » Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門 » Word.RangeとはPowerPoint.TextRangeの機能拡張版

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » 電子書籍 » Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門 » Word.RangeとはPowerPoint.TextRangeの機能拡張版

「Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.