Home » 電子書籍 » Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門 » Font型変数で設定する様子をローカルウィンドウで

Font型変数で設定する様子をローカルウィンドウで

拙著『Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門(1)』の、「4-5. WordではFontプロパティで設定もできる」で、Excel VBAのFontオブジェクトで見かけないタイプのSubプロシージャをご紹介しています。

Font型変数とRange.Fontプロパティで設定を行うSubプロシージャ

Word文書とは無関係なFont型オブジェクト変数を作成しておいて、そのオブジェクト変数の複数のプロパティで設定を行い、最後にRange.Fontプロパティにオブジェクト変数を代入することで、Word文書内のフォントを設定するコードです。

Sub Font型変数をNewして設定する()
 Dim fon As Font
 Set fon = New Font

 fon.Size = 24
 fon.Name = "HG明朝E"

 ActiveDocument.Range(0, 1).Font = fon
End Sub

このSubプロシージャを、ローカルウィンドウでオブジェクト変数の中身を確認しながら、ステップ実行してみることをおすすめします。

ローカルウィンドウで注目して欲しい部分

注目していただきたいのは、Font型オブジェクト変数をNewした直後と、
  Set fon = New Font

Font型オブジェクト変数のプロパティを設定した後の状態です。
  fon.Size = 24
  fon.Name = "HG明朝E"

Font型オブジェクト変数をNewすると、オブジェクト変数fonは、下図のような状態になります。

戻り値がLongなどの数値型のプロパティの[値]欄には、「9999999」が表示されているのが目立ちます。

オブジェクト変数に代入を行った場合には、このような状態になることはなく、とても興味深い状態です。

このFont型オブジェクト変数に対して、プロパティを介して設定を行うと、下図のように変化します。

これらの様子を、自分の手を動かして確認して、へーっ! といった感情を味わってください。

最終更新日時:2021-03-26 19:42

[スポンサードリンク]

Home » 電子書籍 » Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門 » Font型変数で設定する様子をローカルウィンドウで

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » 電子書籍 » Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門 » Font型変数で設定する様子をローカルウィンドウで

「Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.