Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » SpecialCellsメソッド » 数式の入力されているセルを取得する-SpecialCells(xlCellTypeFormulas)

数式の入力されているセルを取得する-SpecialCells(xlCellTypeFormulas)

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

VBAで数式の入力されているセルを取得

「excel2010マクロ 数式が入っているセルを探す」
「vba 数式が入っているセルを見つける」
という検索キーワードに気づきました。

[スポンサードリンク]

数式の入力されているセルを取得・選択するサンプルマクロ

以下のSubプロシージャが参考になるでしょうか。


Sub 数式の入力されているセルを取得選択する()
On Error GoTo ErrHandl

 Dim rng As Range
 Set rng = Cells.SpecialCells(xlCellTypeFormulas)
 rng.Select

Exit Sub
ErrHandl:
 MsgBox "アクティブシートに数式の入力されたセルは存在しません。"
 Err.Clear
End Sub

サンプルマクロで利用しているオブジェクト式について

数式の入力されているセルを表すRangeオブジェクトを取得しているのは、
  Set rng = Cells.SpecialCells(xlCellTypeFormulas)
の行です。

このオブジェクト式は、[ジャンプ]ダイアログ-[セル選択]ボタンから表示できる、[選択オプション]ダイアログで[数式]オプションを指定してセル選択する操作を、

VBAで数式の入力されているセルを取得

マクロ記録したときに作られるコードを利用しています。

Range.SpecialCellsメソッドの引数に、

VBAで数式の入力されているセルを取得

定数・xlCellTypeFormulasを指定することで、

VBAで数式の入力されているセルを取得

数式の入力されているセルを表すRangeオブジェクトを取得しています。

数式の入力されているセルが存在しない場合には、
  Set rng = Cells.SpecialCells(xlCellTypeFormulas)
で、実行時エラーが発生しますから、
 On Error GoTo ErrHandl
 ErrHandl:
  MsgBox "アクティブシートに数式の入力されたセルは存在しません。"
  Err.Clear
とエラートラップを入れています。

最終更新日時:2018-11-03 19:47

[スポンサードリンク]

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » SpecialCellsメソッド » 数式の入力されているセルを取得する-SpecialCells(xlCellTypeFormulas)

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ExcelVBA Rangeオブジェクト » SpecialCellsメソッド » 数式の入力されているセルを取得する-SpecialCells(xlCellTypeFormulas)

「SpecialCellsメソッド」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.