Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Applicationオブジェクト » アドインの実体ファイルはどこにあるのか-LibraryPathプロパティ

アドインの実体ファイルはどこにあるのか-LibraryPathプロパティ

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

Application.UserLibraryPathプロパティで、AddInsフォルダのパスを取得できることをご紹介しました。

「shell "explorer " & Application.UserLibraryPath」
といったコードを試してみた方のなかには、疑問を感じる人もいるかもしれません。

Excelには、Microsoftが提供しているアドインがいくつかあります。

例えば、ソルバーアドイン、分析ツールなどのアドインです。

これらのアドインの実体らしきファイルが、Application.UserLibraryPathプロパティで取得できるフォルダ内には存在していません。

そのため、アドインの実体ファイルはどこにあるのかといった疑問を持つ方もいらっしゃると思うのです。

[スポンサードリンク]

UserLibraryPathというプロパティの名前のことをよく考えてみると、ヒントが得られます。


▼Libraryフォルダのパスを取得するVBAのコード
Application.LibraryPath

ソルバーアドイン、分析ツールなどのアドインは、
UserLibraryPathプロパティではなく
LibraryPathプロパティで取得できるフォルダ
に実体ファイルがあります。

ユーザーが作ったアドインのパスがUserLibraryPathで、
多くの人が使うアドインのパスがLibraryPathということです。

アドインによって、フォルダの直下にファイルがあったり、もう一階層深いフォルダにファイルの存在することもあります。

これまで何度かご紹介してきているとおり
「shell "explorer " & Application.LibraryPath」
というコードをイミディエイトウィンドウから実行することで、アドインの実体ファイルの存在するフォルダをWindowsエクスプローラーで開くこともできます。

関連語句
VBA, Visual Basic for Applications

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Applicationオブジェクト » アドインの実体ファイルはどこにあるのか-LibraryPathプロパティ

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Applicationオブジェクト » アドインの実体ファイルはどこにあるのか-LibraryPathプロパティ

「Applicationオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.