Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Shape・図形 » Shape.Anchorの戻り値はRange

「word vba anchor」
といった検索キーワードでのアクセスが時折あります。

Word VBAの、Shapeオブジェクトに用意されているAnchorプロパティについて、

調べていた方による検索でしょうか。

Word VBAとPowerPoint VBAのShapeは似ている

Word VBAのShapeオブジェクトは、拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』のChapter 5~6で解説しているPowerPoint VBAのShapeオブジェクトと、よく似たオブジェクトです。

どちらのShapeオブジェクトにも、図形に関連するデータを取得するためのプロパティや図形を操作するメソッドが、多数用意されています。

PowerPoint VBAのShapeにAnchorはない

しかし、そもそものアプリケーションが異なるわけですから、違っている部分も当然あります。

PowerPoint VBAとWord VBAのShapeオブジェクトで大きく違う点のひとつが、Anchorプロパティです。Word VBAのShapeにはAnchorプロパティがありますけれど、

PowerPoint VBAのShapeにAnchorプロパティはありません。

アンカーは、浮動オブジェクトがWord文書内でどの段落に所属するかを表すものだからです。

Word VBAのShape.AnchorはRangeを返す

そんなWord VBAのShape.Anchorプロパティの戻り値には注意が必要です。

Shapeオブジェクトに用意されているAnchorプロパティは、Word VBAの重要なオブジェクトのひとつRangeオブジェクトを返します。

オブジェクトブラウザーのShape.Anchorを選択したとき、詳細ペインに「As Range」と表示されるとおりです。

もちろんこのRangeはWord VBAのRangeです。Excel VBAのRangeとは、たまたま同じ名前になっているだけで、まったく別のオブジェクトです。

Shape.Anchorプロパティは、Anchorといった名前のオブジェクトを返すわけではありません。オブジェクトブラウザーのクラスペインに「Anchor」が表示されないことで確認できるとおり、Word VBAにAnchorという名前のオブジェクトは存在しません。

最終更新日時:2020-03-27 10:27

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Shape・図形 » Shape.Anchorの戻り値はRange

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Shape・図形 » Shape.Anchorの戻り値はRange

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.