Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Shape・図形 » グループ化された図形の個数をWord VBAで取得する

グループ化された図形の個数をWord VBAで取得する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2209 ビルド15629.20208 Microsoft Store)

「word vba グループ化 Count」
という検索でアクセスがありました。

何を調べていらしたのか判断に迷う検索キーワードですが、グループ化された図形の個数を取得するWordマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

グループ化された図形の個数を取得するサンプルマクロ

以下のWordマクロを実行すると、アクティブ文書の中でグループ化された図形の個数がメッセージボックスに表示されます。

Sub グループ化されたShapeの個数を取得する()
 Dim cnt As Long
 Dim shp As Shape
 For Each shp In ActiveDocument.Shapes
  If shp.Type = msoGroup Then
   cnt = cnt + 1
  End If
 Next
 MsgBox "グループ化された図形は、" & cnt & "個です。"
End Sub

サンプルマクロで行っている処理

アクティブ文書の全Shapeに対してFor Each~Nextループを回して、

For Each shp In ActiveDocument.Shapes

グループ化図形だった場合に、

 If shp.Type = msoGroup Then

Long型の変数cntをインクリメントして

  cnt = cnt + 1

最後に変数cntをメッセージボックスに表示しています。

MsgBox "グループ化された図形は、" & cnt & "個です。"

グループ化された図形の判定

「グループ化された図形である」の判定には、ShapeオブジェクトのTypeプロパティが、

Office.MsoShapeType列挙型に定義されている定数msoGroupである

という比較演算を使っています。

最終更新日時:2022-11-11 06:16

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Shape・図形 » グループ化された図形の個数をWord VBAで取得する

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Shape・図形 » グループ化された図形の個数をWord VBAで取得する

「Shape・図形」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.