Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAで現在のセルを

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2105 ビルド14026.20308 Microsoft Store)

「vba word 現在のセル」
という検索キーワードでアクセスがありました。

「現在のセル」の意味するところはいくつか考えられますが、ここではカーソルの置かれているセルを取得するコードについて解説します。

Selection.Cells経由で現在のセルを取得

Selectionオブジェクトに用意されているCellsプロパティを経由してセルを取得すれば、

OKです。

Selection.Cellsプロパティを使うと、選択されている複数のセルを表すCellsコレクションが取得でき、CellsコレクションのItemメソッドを使えば、

個々のセルを取得できます。

現在のセルを確認するサンプルマクロ

具体的なコードで確認しましょう。

表の中にカーソルを置いた状態にしてから、以下のSubプロシージャを実行してください。

Sub 現在のセルを確認する()
 Dim cel As Cell
 Set cel = Selection.Cells.Item(1)
 Stop
End Sub

Itemメソッドは、他のコレクションと同様に既定メンバーですから上記の、
  Set cel = Selection.Cells.Item(1)
は、「.Item」を省略して、
  Set cel = Selection.Cells(1)
と書いてもOKです。

現在のセルを表すCellオブジェクトの中身を確認しよう

Stopステートメントで中断したら、拙著『Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門(1)』等で多用しているローカルウィンドウで、Cell型のオブジェクト変数celを確認しましょう。

わかりやすいのは、現在のセルの列番号・行番号です。

オブジェクト変数cel展開すると見える、ColumnIndexプロパティには現在のセルの列番号が

RowIndexプロパティには現在のセルの行番号が表示されています。

※上図は2行目2列目のセルを選択して実行した状態です。

最終更新日時:2021-09-03 16:45

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAで現在のセルを

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » 表・テーブル » Word VBAで現在のセルを

「表・テーブル」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.