Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » Excel VBAで開いているWord文書の個数を取得する

Excel VBAで開いているWord文書の個数を取得する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel & Word(バージョン2111 ビルド14702.20262 Microsoft Store)

「excelvba word開いている文書数を確認する」
「excelvba wordで開いているファイル数」
といった検索キーワードで時折アクセスあることに気が付きました。

開いているWord文書の個数を取得するサンプルマクロ

以下のExcelマクロを参考にしてください。

Sub 開いているWord文書の個数を取得する()
On Error GoTo ErrHandl

 With GetObject(Class:="Word.Application")
  MsgBox .Documents.Count
 End With

Exit Sub
ErrHandl:
 Select Case Err.Number
  Case 429
   MsgBox "Wordが起動していないようです。"
  Case Else
   MsgBox Err.Description & vbCrLf & Err.Number
 End Select
 Err.Clear
End Sub

Word.Document.CountでWord文書の個数を取得できる

拙著『Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門(1): Document・Range・Selectionの基本編』の「2-5. DocumentsはDocumentのコレクション」で、以下のWord VBAのコードで開いているWord文書の個数がメッセージボックスに表示されることを解説しています。

MsgBox Documents.Count

このコードをExcel VBA等からでも実行できるようにしているのが、上記のSubプロシージャです。

VBAのGetObject関数で、起動済みWord.Applicationオブジェクトへの参照を取得しておいてから、

With GetObject(Class:="Word.Application")

WordのDocumentsコレクションのCountプロパティで取得した

Documentオブジェクトの個数をメッセージボックスに表示しています。

 MsgBox .Documents.Count

最終更新日時:2022-01-03 09:45

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » Excel VBAで開いているWord文書の個数を取得する

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Office連携 » Excel VBAで開いているWord文書の個数を取得する

「Office連携」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.