Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjects » ループを使わずテキストボックスをすべて削除するーTextBoxes.Delete

ループを使わずテキストボックスをすべて削除するーTextBoxes.Delete

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010

アクティブシートのテキストボックスをすべて削除するマクロをご紹介しました。ShapesのCountだけループを回して、もしTypeがmscTextBoxだった削除するという方法を使ったマクロです。

この記事の最後に示唆したとおり、実は、ループ回さなくても、テキストボックスを一括削除することができます。

[スポンサードリンク]

その方法をご紹介しておきます。

▼アクティブシートのテキストボックスだけをまとめて削除するコード
ActiveSheet.TextBoxes.Delete

「ActiveSheet.TextBoxes.Delete」というコードだけで、アクティブなシートのテキストボックスをすべて削除できてしまいます。

イミディエイトウィンドウに、

ActiveSheet.TextBoxes.Delete

と入力して[Enter]キーを押せば、テキストボックスを削除できます。
あるいは、

Sub テキストボックスを削除する()
 ActiveSheet.TextBoxes.Delete
End Sub

のようなSubプロシージャにしても勿論OKです。

TextBoxesメソッドは、オブジェクトブラウザーでは非表示になっていますけれど、
  ActiveSheet.TextBoxes.Delete
というコードは割と有名なコードのようで、日本語圏でも英語圏でも掲示板などで、見かけることのある裏技的なコードです。

最終更新日時:2020-03-31 06:52

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjects » ループを使わずテキストボックスをすべて削除するーTextBoxes.Delete

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » DrawingObjects » ループを使わずテキストボックスをすべて削除するーTextBoxes.Delete

「DrawingObjects」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.