Home » Word(ワード)の使い方 » 文字書式 » 上下2段の文字を括弧で囲みたい−割注

上下2段の文字を括弧で囲みたい−割注

対象:Word2000,Word2002,Word2003

「2行になっている文字列を括弧でくくりたいのですが...?」
というご質問をいただくことがあります。

[スポンサードリンク]
このご質問の意図していることは、よく伺わないとなかなかわかりづらいのですが、Wordのバージョンが2000以降であれば、[割注]という機能をお試しください。
▼操作手順:割注を設定する
メニュー[書式]−[拡張書式]−[割注]をクリック
 ↓
[割注]ダイアログ−[対象文字列]欄に表示させたい文字を入力
 ↓
カッコでくくりたい場合は[括弧で囲む]チェックをOnにし、
[括弧の種類]コンボボックスからカッコを選択
 ↓
[割注]ダイアログ−[OK]ボタンをクリック

上記の操作を行うと小さなフォントサイズで、入力した文字列が上下2段となって表示されます。

[割注]とは、学術的な文書などでよく使われる1行の中に2段で注釈を入れる機能です。

文字の大きさを変更したい場合は、通常の文字列のフォントサイズ変更をするのと同様に、選択しておいてから[書式設定]ツールバー−[フォントサイズ]ボックスで変更できます。

カッコの種類は、( ) ・ [ ] ・ < > ・ { } の4種類から選べます。

但し、
[割注]では任意の場所で自由に改行を入れることができないので、箇条書きのようなものをカッコで括りたいという要望の場合、上記の操作では納得していただきにくいようです。

そのような場合はフィールドを使うのがいいでしょう。
具体的方法は、後日別途ご紹介いたします。

[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 文字書式 » 上下2段の文字を括弧で囲みたい−割注

Home » Word(ワード)の使い方 » 文字書式 » 上下2段の文字を括弧で囲みたい−割注

「文字書式」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.