Home » Word(ワード)の使い方 » 編集記号の表示設定

対象:Word97, Word2000, Word2002, Word2003

編集記号というのは、段落記号・任意指定の改行・タブ・スペースなどの、文書編集に用いる印刷されない記号のことです。入力・編集をするときには表示しておいて、印刷直前などの確認時に非表示にするという使い方が一般的でしょうか。

[スポンサードリンク]

[標準]ツールバー−[編集記号の表示/非表示]ボタンをクリックすることによって、表示されたり非表示になったりします。

編集記号の表示設定

けれども [編集記号の表示/非表示]ボタンをOffにしたにも関わらず、編集記号が表示されたままになることがあります。
個別に編集記号の表示設定を行っている場合です。
▼操作方法 : すべての編集記号が非表示になるよう設定を変更する
メニュー[ツール]
 −[オプション]をクリック
 ↓
[オプション]ダイアログ
 −[表示]タブをクリック
 ↓
[編集記号の表示]欄
 −[タブ]
  [段落記号]
  [任意指定のハイフン]
  [任意指定の改行]
  [スペース]
  [隠し文字]
  [すべて]チェックボックスを
   全部Offにする
 ↓
[オプション]ダイアログ
 −[OK]ボタンをクリック

編集記号の表示設定

この設定をしておけば、[編集記号の表示/非表示]ボタンをOffにすれば、編集記号は一切表示されなくなります。

逆に、[タブ][段落記号][任意指定のハイフン][任意指定の改行][スペース][隠し文字]のうち、必ず表示させておきたいものは[オプション]ダイアログでOnにしておけば、[標準]ツールバー−[編集記号の表示/非表示]ボタンのOn/Offに関わらず表示されます。

[オプション]ダイアログの[段落記号]チェックと[すべて]チェックは、メニューやツールバーと連動しています。

[標準]ツールバー−[編集記号の表示/非表示]ボタンが、[オプション]ダイアログの[すべて]チェックと連動していているので、[編集記号の表示/非表示]ボタンをOffにすれば、[オプション]ダイアログの[すべて]チェックもOffになります。

メニュー[表示]−[段落記号]が、

編集記号の表示設定

[オプション]ダイアログの[段落記号]チェックと連動していますから、メニュー[表示]−[段落記号]をOffにすれば、[オプション]ダイアログの[段落記号]チェックがOffになります。

関連語句
文字間のスペース枠表示を消したい
[スポンサードリンク]

Home » Word(ワード)の使い方 » 編集記号の表示設定

Home » Word(ワード)の使い方 » 編集記号の表示設定

「Word(ワード)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.