Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » Word文書をオブジェクト変数に

対象:Word2007, Word2010, Word2013, Windows版Word2016

「ワードvba setでワード文書を代入」
という、検索キーワードに気づきました。

最終的に何がしたかったのかもわかりませんし、「ワード文書」と表現されているものが何を意味しているのかもわかりませんが、参考になるかもしれない簡単なWordマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

Word文書をオブジェクト変数にセットするサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、Stopステートメントでステップ実行モードとなりますから、メニュー[表示]-[ローカルウィンドウ]からローカルウィンドウを表示して、オブジェクト変数・docとrngが、どのような情報を持っているかご確認ください。

Sub sample()
 Dim doc As Document
 Set doc = ActiveDocument

 Dim rng As Range
 Set rng = doc.Range

 Stop
End Sub

ローカルウィンドウで何を見ればいいのか戸惑う場合、まずは
  オブジェクト変数docのNameとPath
  オブジェクト変数rngのText
を覗いてみましょう。

サンプルマクロについての補足

「ワードvba setでワード文書を代入」
という検索キーワードの「ワード文書」が何を意味しているのかがわかりませんので、Document型とRange型のオブジェクト変数を用意しておいて、
アクティブな文書を表すDocumentオブジェクトと、
 Set doc = ActiveDocument

そのRangeをそれぞれセットしています。
 Set rng = doc.Range

Word文書そのものをどうにかしたかったのであればオブジェクト変数docから、Word文書の中身をどうにかしたかったのであればオブジェクト変数rngから何らかのヒントが得られるのではないかと想像しています。

最終更新日時:2020-04-26 09:05

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » Word文書をオブジェクト変数に

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » Documentオブジェクト » Word文書をオブジェクト変数に

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.