Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » アクティブページを削除するWordマクロ

対象:Word2007, Word2010, Word2013

「word vba ページ削除」
「ワード マクロ ページ 削除」
といった検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがあることに気づきました。

ページを削除するWordマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

こういった要望の場合、どのページを削除したいのかがポイントです。

いろいろな可能性が考えられますが、ここでは、アクティブページ・現在のページを削除するWordマクロをご紹介しておきます。

[スポンサードリンク]

現在のページ・アクティブページを削除するサンプルマクロ

以下のようなマクロで、現在のページを削除することができます。


Sub 現在のページを削除する()

 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Delete

End Sub

ActiveDocumentプロパティでアクティブなDocumentオブジェクトを取得し、

ページを削除するWordマクロ

DocumentオブジェクトのBookmarksプロパティでBookmarksコレクションオブジェクトを取得し、

ページを削除するWordマクロ

Bookmarksコレクションオブジェクトのデフォルトメソッド・Itemの引数に「\Page」という文字列を指定することで現在のページを表すBookmarkオブジェクトを取得し、

ページを削除するWordマクロ

BookmarkオブジェクトのRangeプロパティでRangeオブジェクトを取得して、

ページを削除するWordマクロ

Deleteしています。

ページを削除するWordマクロ

\Pageはジャンプダイアログでも使えます

上記のコード
 ActiveDocument.Bookmarks("\Page").Range.Delete
の中に出てくる「\Page」は、Wordの一般機能でも使うことができます。

[検索と置換]ダイアログ-[ジャンプ]タブの[移動先]欄で「ページ」が選択されている状態で[ページ番号]欄に、「\page」と入力して、

ページを削除するWordマクロ

[ジャンプ]ボタンをクリックすると、現在のページ全体を選択することができます。

ちなみに、[ジャンプ]タブがアクティブな状態の[検索と置換]ダイアログを表示するには、ショートカットキー[Ctrl]+[G]が、便利です。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » アクティブページを削除するWordマクロ

TrackBack:2

TrackBack URL
定義済みのブックマーク一覧 from インストラクターのネタ帳
Word(ワード)VBAのBookmarksプロパティの引数に指定できる、定義済みのブックマークを一覧にしています。
アクティブページを選択するWordマクロ from インストラクターのネタ帳
Bookmarkオブジェクトを使って、アクティブなページ・現在のページを選択する、Word(ワード)VBA(Visual Basic for Applic...
[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » アクティブページを削除するWordマクロ

「ワードマクロ・Word VBAの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.