Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » Worksheetsの戻り値がSheetsと定義されていることをオブジェクトブラウザーで確認しましょう

Worksheetsの戻り値がSheetsと定義されていることをオブジェクトブラウザーで確認しましょう

拙著『いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本』P.110のワンポイントで、Excel VBAのWorksheetsプロパティは、Worksheetsコレクションではなく(Worksheetオブジェクトだけを単独のオブジェクトとして持つ)Sheetsコレクションを返すことについて触れました。

Excel VBAのWorksheetsプロパティがWorksheetsコレクションを返すと思い込んでいた方は、オブジェクトブラウザーで定義を確認してください。

グローバルなWorksheetsをオブジェクトブラウザーで確認する

操作手順は以下のとおりです。

Excelから起動したVBEでオブジェクトブラウザーを表示して、[ライブラリ/プロジェクト]ボックスで「Excel」を選択して、クラスペインで<グローバル>を選択します。

この状態でメンバーペインに表示されているプロパティが、上位のオブジェクトを取得するコードを省略していきなり書き始められる、Excel VBAのプロパティです。

ここでメンバーペインに表示されている「Worksheets」を選択します。

Worksheetsプロパティの詳細ペインには「As Sheets」と表示されており、

戻り値がWorksheetsではなく、Sheetsと定義されていることがわかります。

上記の操作は、拙著のLesson 16「Presentationオブジェクトをオブジェクトブラウザーで確認しましょう」のP.069~071で行っている操作と、(確認している対象は異なりますが)同じです。

最終更新日時:2020-06-10 13:23

[スポンサードリンク]

Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » Worksheetsの戻り値がSheetsと定義されていることをオブジェクトブラウザーで確認しましょう

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本 » Worksheetsの戻り値がSheetsと定義されていることをオブジェクトブラウザーで確認しましょう

「いちばんやさしいPowerPoint VBAの教本」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.