Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » 表示されている一番左のシートを選択するExcelマクロ

表示されている一番左のシートを選択するExcelマクロ

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

表示されている一番左のシートを選択するExcelマクロ

「excel2010 vba 表示されている先頭のシート選択 非表示シート」
という検索キーワードに気づきました。

非表示になっているシートがあるブックで、一番左のシートを選択するにはどうすればいいのかを探していた方による検索でしょう。

[スポンサードリンク]

Sheets(1).Selectではダメなケース

通常、先頭・一番左のシートを選択するには
  Sheets(1).Select
というオブジェクト式でOKです。

ただし先頭のシートが非表示になっているときに、
  Sheets(1).Select
を実行するとエラーとなってしまいますから、
「excel2010 vba 表示されている先頭のシート選択 非表示シート」
と検索なさった方の気持ちは、わかります。

表示されている一番左のシートを選択するサンプルマクロ

以下のようなSubプロシージャで、表示されている一番左のシートを選択することができます。


Sub 表示されている一番左のシートを選択する()
 Dim i As Long

 For i = 1 to Sheets.Count
  If Sheets(i).Visible = xlSheetVisible Then
   Sheets(i).Select
   Exit Sub
  End If
 Next i
End Sub

全シートにFor~Nextループを回して、
 For i = 1 to Sheets.Count

表示されているときに、
  If Sheets(i).Visible = xlSheetVisible Then

選択してSubプロシージャを抜けています。
   Sheets(i).Select
   Exit Sub

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » 表示されている一番左のシートを選択するExcelマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Sheets・Worksheet » 表示されている一番左のシートを選択するExcelマクロ

「Sheets・Worksheet」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.