Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapeオブジェクト » 図形にテキスト・文字列を入力するExcelマクロ-TextFrame.Characters

図形にテキスト・文字列を入力するExcelマクロ-TextFrame.Characters

対象:Excel2007, Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「excel vba シェイプ上に文字を入力」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスが、ありました。

図形(2003以前のオートシェイプ)に、文字列・テキストを入力するVBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

図形にテキスト・文字列を入力するサンプルマクロ

「excel vba シェイプ上に文字を入力」
という検索だけでは詳細がわかりませんので、簡単なサンプルマクロをご紹介しておきます。


Sub 図形にテキストを入力する()
 ActiveSheet.Shapes(1).TextFrame.Characters.Text = "サンプル文字列"
End Sub

アクティブなシート上に図形が存在しているときに上記のマクロを実行すると、一つ目の図形に「サンプル文字列」というテキストが入力されます。

サンプルマクロの解説

ShaepオブジェクトのTextFrameプロパティで、TextFrameオブジェクトを取得して、
  ActiveSheet.Shapes(1).TextFrame.Characters.Text = "サンプル文字列"

図形にテキスト・文字列を入力するExcelマクロ

TextFrameオブジェクトのCharactersメソッドで、図形内の文字列を表すCharactersオブジェクトを取得できます。
  ActiveSheet.Shapes(1).TextFrame.Characters.Text = "サンプル文字列"

図形にテキスト・文字列を入力するExcelマクロ

CharactersオブジェクトのTextプロパティで、図形にテキストを入力したり、入力されている文字列を取得することができます。
  ActiveSheet.Shapes(1).TextFrame.Characters.Text = "サンプル文字列"

図形にテキスト・文字列を入力するExcelマクロ

Characters.TextプロパティではなくCharacters.Insertメソッドでも

CharactersオブジェクトのInsertメソッドを使って、

図形にテキスト・文字列を入力するExcelマクロ

例えば、
 ActiveSheet.Shapes(1).TextFrame.Characters.Insert "サンプル文字列"
といったコードでも図形にテキストを入力することができますが、Characters.Textプロパティのほうが、納得しやすいですし、汎用性も高いので、Charactes.Textプロパティを私はおすすめしておきます。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapeオブジェクト » 図形にテキスト・文字列を入力するExcelマクロ-TextFrame.Characters

TrackBack:1

TrackBack URL
VBAでShapeに文字列を設定する-TextRange2.Text from インストラクターのネタ帳
TextRange2オブジェクトのTextプロパティを使って、Shapeに文字列を設定するサンプルマクロをご紹介しています。
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » Shapeオブジェクト » 図形にテキスト・文字列を入力するExcelマクロ-TextFrame.Characters

「Shapeオブジェクト」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.