Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » セクション » 最後のセクションをWord VBAで取得する

最後のセクションをWord VBAで取得する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Word(バージョン2206 ビルド15330.20246 Microsoft Store)

「最終セクションの取得 vba word」
という検索キーワードでアクセスがありました。

Word VBAで、最後のセクションを取得するには、どのようなコードを書けばいいのか調べていらしたのでしょう。

最後のSectionを取得するサンプルマクロ

とても簡単なコードで、最後のセクションを表すSectionオブジェクトを取得できます。

Sub 最後のSectionを取得する()
 Dim sec As Section
 Set sec = ActiveDocument.Sections.Last
 sec.Range.Select
End Sub

上記のWordマクロを実行すると、アクティブ文書の最後のセクションを表すSectionオブジェクトが取得・選択されます。

SectionsコレクションにもLastプロパティがある

拙著『Excel VBAユーザーのためのWord VBA入門(2):Tableの基本編』の「13-4. Rowsの特徴的なプロパティ・メソッド」で、Word VBAには最後の要素オブジェクトを取得するためのLastプロパティの用意されているコレクションが複数あることを解説しています。

全セクションを表すSectionsコレクションにもLastプロパティが用意されていますから、

上記のようなわかりやすい式で、最後のセクションを表すSectionオブジェクトを取得できます。

[スポンサードリンク]

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » セクション » 最後のセクションをWord VBAで取得する

Home » ワードマクロ・Word VBAの使い方 » セクション » 最後のセクションをWord VBAで取得する

「セクション」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.