Home » Python » pywin32・win32comの使い方 » pywin32・win32comでPowerPointを終了する

pywin32・win32comでPowerPointを終了する

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excelバージョン2102 ビルド13801.20360 Microsoft Store)+ Python 3.8.3 + pywin32 228

「python win32com powerpoint終了」
という検索キーワードで、このサイト『インストラクターのネタ帳』へアクセスがありました。

[スポンサードリンク]

pywin32でPowerPointを終了する

PowerPointを起動しておいてから、拙著『VBAユーザーのためのPython超入門』でも多用しているIDLEのShellウィンドウで、以下のようにコードを入力・実行してみてください。

>>> import win32com.client
>>> pp_app = win32com.client.GetObject(Class='PowerPoint.Application')
>>> pp_app.Quit()

「pp_app.Quit()」を実行すると、起動していたPowerPointが終了するはずです。

Application.QuitメソッドでPowerPointを終了できる

最初の2行
  import win32com.client
  pp_app = win32com.client.GetObject(Class='PowerPoint.Application')
は、pywin32・win32com.clientを使って、起動済みのPowerPoint.Applicationへの参照を取得する、お決まりのコードです。

ここまで実行すると、変数pp_appを介してPythonからPowerPoint.Applicationを操作できるようになります。

PowerPointのApplicationオブジェクトに用意されているQuitメソッドを実行すれば、

PowerPointを終了できます。

Microsoft OfficeはApplication.Quitでアプリケーションを終了できる

PowerPointに限らずMicrosoft Office製品では、アプリケーションを終了するためのQuitメソッドが、Applicationオブジェクトに用意されています。

オブジェクトブラウザーの詳細ペインを見ると、Word.Applicationは引数を指定できる点が、PowerPointやExcelとは異なりますけれど。

最終更新日時:2021-04-08 14:21

[スポンサードリンク]

Home » Python » pywin32・win32comの使い方 » pywin32・win32comでPowerPointを終了する

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » Python » pywin32・win32comの使い方 » pywin32・win32comでPowerPointを終了する

「pywin32・win32comの使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.