Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » スライドショー » 目的別スライドショーを印刷するPowerPointマクロ

目的別スライドショーを印刷するPowerPointマクロ

対象:PowerPoint2007, PowerPoint2010, PowerPoint2013

「パワーポイント vba 印刷 目的別スライドショー」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

目的別スライドショーを印刷する、PowerPointマクロ・PowerPoint VBA(Visual Basic for Applications)のコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

目的別スライドショーを印刷するサンプルマクロ

例えば「短縮版」という名前の目的別スライドショーが存在しているときに、以下のマクロを実行すると、目的別スライドショー「短縮版」を印刷することができます。


Sub 目的別スライドショーを印刷()
 With ActivePresentation
  With .PrintOptions
   .RangeType = ppPrintNamedSlideShow
   .SlideShowName = "短縮版"
  End With ' .PrintOptions
  .PrintOut
 End With ' ActivePresentation
End Sub

アクティブなプレゼンテーションファイルの、
 With ActivePresentation

PrintOptionsコレクションオブジェクトで、
  With .PrintOptions

印刷範囲を目的別スライドショーに設定してから、
   .RangeType = ppPrintNamedSlideShow

印刷する目的別スライドショーに「短縮版」を指定し、
   .SlideShowName = "短縮版"

印刷を実行しています。
  .PrintOut

もしも「短縮版」という名前の目的別スライドショーが存在していなければ、実行時エラーが発生します。

目的別スライドショーを印刷プレビューするサンプルマクロ

いきなり印刷するのではなく、印刷プレビューするなら以下のようなマクロです。


Sub 目的別スライドショーを印刷プレビュー()
 With ActivePresentation.PrintOptions
  .RangeType = ppPrintNamedSlideShow
  .SlideShowName = "短縮版"
 End With ' ActivePresentation.PrintOptions
 ActiveWindow.ViewType = ppViewPrintPreview
End Sub

With句部分は、いきなり印刷するマクロと同じです。

印刷する場合は、
 With ActivePresentation
  .PrintOut
としていましたが、印刷プレビューする場合は、
 ActiveWindow.ViewType = ppViewPrintPreview
と、WindowオブジェクトのViewTypeプロパティに定数・ppViewPrintPreviewを指定してください。

[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » スライドショー » 目的別スライドショーを印刷するPowerPointマクロ

TrackBack:1

TrackBack URL
PowerPoint 2010・2013で目的別スライドショーを印刷する from インストラクターのネタ帳
PowerPoint(パワーポイント)2013・2010で目的別スライドショーを印刷するには、印刷プレビュー画面の設定欄で印刷したい目的別スライドショーを...
[スポンサードリンク]

Home » パワーポイントマクロ・PowerPoint VBAの使い方 » スライドショー » 目的別スライドショーを印刷するPowerPointマクロ

「スライドショー」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.