Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » 印刷範囲をセルの名前で設定するマクロ

印刷範囲をセルの名前で設定するマクロ

対象:Excel2010, Excel2013, Windows版Excel2016

「名前つきセル 印刷範囲 PageSetup.PrintArea」
という検索で、このサイト『インストラクターのネタ帳』へのアクセスがありました。

Excel VBAで、セルに定義した名前を使って印刷範囲を指定するには、どのようなコードを書けばいいのか探していらした方による検索です。

[スポンサードリンク]

名前を使って印刷範囲を設定するサンプルマクロ

アクティブシート上で「印刷範囲」という名前が定義されているときに、以下のSubプロシージャを実行すると「印刷範囲」と名前の付けられているセル範囲が、印刷範囲に設定されます。


Sub Print_Areaを設定する()
 ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "印刷範囲"
End Sub

PageSetup.PrintAreaには文字列を指定する

「名前つきセル 印刷範囲 PageSetup.PrintArea」
と検索なさった方は、PageSetupオブジェクトのPrintAreaプロパティには、Rangeオブジェクトか何かを指定すると思い込んでいらしたのかもしれません。

オブジェクトブラウザーの、PageSetup.PrintAreaプロパティの詳細ペインに「As String」と表示されているとおり、

オブジェクトブラウザー:PageSetup.PrintAreaプロパティ

PageSetup.PrintAreaには文字列を指定します。

例えば、B2:G7セルを印刷範囲に設定するなら、
  ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = "B2:G7"
でOKです。

名前が定義されている場合は、上述のとおり名前をそのまま指定するわけです。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » 印刷範囲をセルの名前で設定するマクロ

TrackBack:0

TrackBack URL
[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » 印刷範囲をセルの名前で設定するマクロ

Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.