Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » VBAで全シートの印刷範囲をクリア・解除する

VBAで全シートの印刷範囲をクリア・解除する

対象:Excel2003, Excel2007, Excel2010, Excel2013

「excel vba 印刷 範囲 クリア」
という検索で、このサイト・インストラクターのネタ帳へのアクセスがありました。

Excelで印刷範囲をクリア・解除するVBAのコードを探している方による検索です。

[スポンサードリンク]

全ワークシートの印刷範囲を解除するサンプルマクロ

ここでは、アクティブなブックの、すべてのワークシートの印刷範囲をクリアするマクロをご紹介しておきましょう。

Sub 全ワークシートの印刷範囲をクリアする()
 Dim sh As Worksheet
 For Each sh In Worksheets
  sh.PageSetup.PrintArea = ""
 Next
End Sub

サンプルマクロの解説

マクロ記録を行ってみると、
  ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = ""
というコードができます。

PageSetupオブジェクトのPrintAreaプロパティに「""」(空白文字列)を設定するコードです。

アクティブなワークシートの印刷範囲をクリアするには、この1行だけでOKです。

マクロ記録でできる
  ActiveSheet.PageSetup.PrintArea = ""
というコードを、すべてのワークシートに対してループ処理で行うようにすれば、すべてのワークシートの印刷範囲を解除できます。

PageSetupオブジェクトは、WorksheetにもChartにもありますが、PrintAreaプロパティはChartオブジェクトのPageSetupオブジェクトにはありませんから、Worksheetオブジェクトにだけループ処理を、
  For Each sh In Worksheets
行っています。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » VBAで全シートの印刷範囲をクリア・解除する

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » VBAで全シートの印刷範囲をクリア・解除する

「ページ設定・PageSetup」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.