Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » Excel VBAで印刷の向きを横にする

動作検証バージョン:64bit Windows 10 Pro + 32bit Excel(バージョン2010 ビルド13328.20356 Microsoft Store)

「vba 印刷の向き 横」
といった検索で、時折アクセスがあります。

どのアプリケーションかは不明ですが、VBAから印刷の向きを横向きにするにはどうすればいいのかを探していた方による検索です。

Word VBAで印刷の向きを設定するコードは既にご紹介していいますから、ここではExcel VBAのコードをご紹介します。

[スポンサードリンク]

印刷の向きを横にするサンプルマクロ

以下のSubプロシージャを実行すると、アクティブシートの印刷の向きが横に設定され印刷プレビューされます。

Sub 印刷の向きを横にする()
 With ActiveSheet
  .PageSetup.Orientation = xlLandscape
  .PrintPreview
 End With
End Sub

上記のとおり、PageSetupオブジェクトが持つOrientationプロパティに、

定数xlLandscape(実際の値は2)を設定すれば、横向きになります。
定数xlPortrait(実際の値は1)を設定すれば、縦向きになります。

Word VBAとの違い

ご紹介済みのWord VBAのコードと似ているのですが、Orientationプロパティに指定する定数まわりが微妙に違っているのが、私は興味深く感じています。

そもそも列挙型の名前の付け方が違います。
WordはWdOrientationで、
ExcelはXlPageOrientationです。

それぞれに定義されている定数の名前の付け方や実際の値も違います。

WdOrientation列挙型に定義されている定数は
  wdOrientLandscape(1)
  wdOrientPortrait(0)
であるのに対し、

XlPageOrientation列挙型に定義されている定数は、
  xlLandscape(2)
  xlPortrait(1)
です。

最終更新日時:2020-11-25 10:42

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » Excel VBAで印刷の向きを横にする

TrackBack:0

TrackBack URL

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ページ設定・PageSetup » Excel VBAで印刷の向きを横にする

「ページ設定・PageSetup」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.