Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ユーザー定義関数 » 関数の挿入ダイアログに表示されないFunctionプロシージャ−Option Private Module

関数の挿入ダイアログに表示されないFunctionプロシージャ−Option Private Module

対象:Excel97, Excel2000, Excel2002, Excel2003

Excelで業務アプリケーションを作っていくと、プロシージャの数は必然的に増えていきます。

プロシージャからだけ利用したいFunctionプロシージャというのができることがあります。

[関数の挿入]ダイアログに表示されないようなFunctionプロシージャです。

[スポンサードリンク]
こういったときにモジュールを有効に利用しましょう。
▼操作方法:関数の挿入ダイアログに表示されないFunctionプロシージャを作成する
[関数の挿入]ダイアログに表示させたくないFuncionプロシージャの含まれるモジュールの宣言セクションに、「Option Private Module」と記述する

「Option Private Module」の記述されているモジュール内にあるプロシージャは、[関数の挿入]ダイアログには表示されなくなります。

但しそういったFunctionプロシージャも、ワークシート上でキーボード入力すれば利用することは可能です。

なおこのサイトでは、これまで「Option〜」ステートメントの例として、「Option Explicit」「Option Base」をご紹介していますので、あわせてご参照ください。

[スポンサードリンク]

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ユーザー定義関数 » 関数の挿入ダイアログに表示されないFunctionプロシージャ−Option Private Module

Home » エクセルマクロ・Excel VBAの使い方 » ユーザー定義関数 » 関数の挿入ダイアログに表示されないFunctionプロシージャ−Option Private Module

「ユーザー定義関数」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.