Home » ネット関連のネタ » IE・InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)の使い方 » 文字サイズを簡単に変更する−Ctrl+マウスホイール

対象:Internet Explorer 6
Webページの文字サイズは作成者が自由に決めることができるので、ページによってまちまちです。一般的にはMacユーザの作成したサイトをWindowsユーザが見ると、文字が小さいと感じることが多いはずです。
[スポンサードリンク]

文字が小さくて読み辛い場合、メニューの[表示]−[文字のサイズ]から文字を大きくしてらっしゃる方も多いと思いますが、ホイールつきのマウスをご利用ならばもっと簡単に文字サイズを変えることができます。

▼操作方法 : マウスホイールを使って文字サイズを変更する
大きくする = [Ctlr]キーを押しながら、マウスホイールを↓に回転
小さくする = [Ctlr]キーを押しながら、マウスホイールを↑に回転
ホイールを普段から使ってらっしゃる方なら、メニューから操作するより簡単ではないでしょうか。

但し文字サイズを固定させ、メニュー[表示]−[文字のサイズ]からサイズの変更できないページは、[Ctrl]キーとマウスホイールを使った操作でも文字の大きさを変更できません。もちろん画像で作られた文字もサイズは変わりません。変更できるのはあくまでも文字です。


ところで、[Shift]キーを押しながらホイールを回転させると、[前に戻る][次に進む]になります。

[Ctrl]キーとマウスホイールで文字サイズを変更できることをご紹介すると、表示されているページが切り替わったという方が時々いらっしゃいます。

文字サイズを変更する操作をしようとしてページが切り替わりビックリした方、間違って[Shift]キーを押してないかご確認ください。

[スポンサードリンク]

Home » ネット関連のネタ » IE・InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)の使い方 » 文字サイズを簡単に変更する−Ctrl+マウスホイール

Home » ネット関連のネタ » IE・InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)の使い方 » 文字サイズを簡単に変更する−Ctrl+マウスホイール

「IE・InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)の使い方」の記事一覧

検索


Copyright © インストラクターのネタ帳 All Rights Reserved.

.